競馬情報会社を使うメリット

競馬情報会社を使うメリット

競馬予想サイトは結果が全て

「競馬情報会社とは」で少し触れましたが競馬情報会社のメリットは「プロの予想」を貰えることでしょう。

競馬を予想するために「スポーツ新聞」や「競馬新聞」・「JRAのホームページ」など様々なものがあります。

新聞や競馬雑誌は読者の利益のためになる情報というより「読んで面白いか」を重視します。

そのため競馬の波乱なドラマや知名度の高いレースを盛り上がるような「利益に直結しない表現」を多く使用します。

要するに上記の媒体は「競馬ファン」のために情報を発信し、競馬で利益を得たい方は二の次です。

読者を楽しませるための情報なので精度ははっきりいってこだわっていません。

一方で、競馬情報会社は「結果にこだわる」ことを最重視しています。在籍している予想家は予想を立て当たれば歩合が発生するのがプロです。

だからこそ競馬新聞やスポーツ新聞が持っていない競馬業界のコネクションを構築し利益に直結する情報を仕入れたり、年数をかけて作り上げた予想システムを活用したりするわけですね。

確かに競馬自体を盛り上げるため重賞レースの予想情報を提供することが多いものの「利益>面白さ」の構図は決して崩しません。

「生活がかかっている馬券師の予想を貰える」これが競馬情報会社を利用する最大のメリットでしょう。

インターネットの普及でサービスが向上した

また、競馬情報会社のほとんどはインターネット上で情報を販売しています。

インターネットが普及以前ははプロの予想を入手するため予想家の元へ直接足を運ぶか電話でコンタクトを取るなどアナログな手段しかありませんでした。

その時代は今では当たり前な「的中実績」など公開していませんでしたので、情報の信ぴょう性を確かめる手段もほとんどありませんでした。

それに乗じて適当な買い目を高額な情報料金で売りつける悪徳な業者や予想家が多くいました。

予想家を探す手段も人伝など選択肢の幅も相当狭いものでしたが、インターネットの普及により競馬情報会社の選択肢が劇的に増えました。

多くの競馬情報会社がインターネットのおかげで明るみに出たことで競争原理が生まれたともいえます。

適切なサービスを適正価格で提供することが重要視されたことによって以前より幾分も安く情報を購入できるようになりました。

当たらないしサービスの悪い競馬情報会社はインターネットですぐに悪評が広まりますし、インターネット上で評判の良い競馬情報会社に会員が流れます。

そのためどこの競馬情報会社も企業努力として「結果を出す」ことを再認識するようになりました。悪徳競馬情報会社が幅をきかせている現在でもインターネットの普及以前よりだいぶましになったといえます。

さらに、新規会員獲得競争は競馬予想会社の増加と共に激しくなり様々な無料サービスが生まれました。

現在ある競馬情報会社で無料予想を公開していないところはほとんどないでしょう。また、新規会員限定割引イベントや無料競馬コラムや重賞データなど有料情報を購入しなくても利用できる無料コンテンツなどに力を入れています。

優良競馬情報会社を適切に選択すれば無料でもプラス収支を見込めることが魅了ですね。

更に情報発信が簡単になったことでメールマガジンで追い切り情報など重要情報の発信も豊富になりました。

競馬は1分1秒で状況が大きく変動する競技で情報の鮮度が命です。発信してすぐに会員の元へ届く発信力はインターネットだからこその強みです。

また、レースデータの管理や分析もパソコンで行うことにより、より精度の高い情報を提供できるようにもなりました。